1. HOME
  2. シンガポール関連情報
  3. シンガポールの穴場の観光地おしえちゃいまっす。

シンガポールの穴場の観光地おしえちゃいまっす。

シンガポールの穴場の観光地おしえちゃいまっす。

 

シンガポールは歴史が浅いため、政府主導で整備された「いかにも観光地」という観光地が多いのです。しかし、まだこんなに面白い場所があったんだと思うような、隠れた名所もたくさんあります。そんな隠れた穴場を5つ紹介させていただきます。

 

 

スンゲイブロウ湿地帯

 

 

 

 マレーシアが対岸の遠くに見えるシンガポールの西北部にあります。写真の奥の方に見えるのがマレーシアのジョホーバルの街並みです。ここがシンガポールかと思うようなマングローブの広大な風景が広がります。コモドオオトカゲも生息しているそうです。

 

 

 

 

 

 

近代都市国家のシンガポールとは懸け離れた自然豊かな場所ですが電車やバスを乗り継いで中心部から一時間ほどで来ることができます。交通のアクセスは便利なところです。一度出かけてみてはいかがですか。

 

スンゲイブロウ湿地帯

 

場所 :301 Neo Tiew Crescent 718925

 

チョンバル

 

シンガポール中心地からタクシーで10ほどのところにある住宅地のチョンバル。つい数年前までこの地は外国人たちがローカルの雰囲気を味わいに来る場所でした。国民の7割が住むHDBが数多くありウエットマーケットやホーカーセンターも沢山あります。

 

チョンバルマーケットには新鮮な魚が揃うと評判です。

 

そんなローカル色に染まるチョンバルですが最近ではお洒落なカフェやベーカリー、洋服屋さんなどもが誕生して注目を集める地域として最近では有名になりました。

 

 

 

 

有名なチョンバルベーカリーは毎日長蛇の列ができて大反響です。

 

チョンバルベーカリー

 

場所  :56 Eng Hoon street , Tiong Bahru, Singapore

営業時間:Sun-Thu 8:00~20:00 / Fry-Sat 8:00~22:00

 

 

 

 

 

タルトが美味しい最近評判のカフェDrips

 

 

 

店内はとても素敵でお洒落な空間です。

 

Drips Bakery Cafe 

住所  :82 Tiong Poh Road, #01-05, S(160082)

営業時間:Sun-Thur: 11:00-21:30 / Fri & Sat:11:00- 23:00

 

チョンバルでは、ローカルな雰囲気をも残しつつ、オシャレなカフェもや洋服屋さんなどもでき始め、まさに移り変わりゆくシンガポール住宅地を見ることができます。一度足を運んでみて下さい。

 

 

マクリッチ貯水池

 

 

 

 

 

周りには池を取り囲む歩道がありトレッキングコースも整備されています。

自然の中をウォーキングしたい方には絶好の場所です。トレッキングコースの奥の方にツリートップウォークという吊り橋がありまして、そこからの眺めは絶景です。 

 

マクリッチ貯水池 

 

場所:バス停 51071 MRT:Caldecott MRT (CC17) で降車

 

 

ハウパーヴィラ

 

以前まではタイガーバームガーデンという名前でした。シンガポールで最初にできたテーマパークです。今や訪れる人もまばらな、忘れ去られつつあるテーマパークです。入場料は無料なのでふらっと入ることができます。

 

 

 

この色合いからわかるように、奇妙な世界観を体感できます。

ここのテーマは中国の儒教、道教。仏教は沢山の言い伝えがあるようですが内部には日本の力士の像があったり、自由の女神があったりと困惑してしまいます。

変わったところが好きな方にはオススメです。 

 

ハウパーヴィラ

場所: 262 Pasir Panjang Road , Singerpole 118628

 

 

ピナクル@ダクストン

 

ビジネス街のタンジョンパガーに、ひときわ目を引く高層ビルがあります。写真の中央に見える、7つの高層ビルが連結した斬新なデザインの建物です。

 

 

 

 ここはシンガポール国民が7割住むと言われる公共住宅のHDBの一つになります。今までのHDBの作りは簡素なものでしたが国土の狭いここでは人口増加に対応して高層化が進められデザインは斬新なものに変化されています。

 

このピナクル@ダクストンは、ezリンクカード(電車・バス共通のプリペイド型電子マネー)で入場料を払えば、外部の人でも屋上まで上ることができます。通常では観光客が公営住宅に入る機会なんてめったにないのですがここはとても貴重な場所なんです。最上階からは金融街の高層ビル群や昔ながらのショップハウス群、コンテナターミナルなどが一望できます。

 

ピナクル@ダクストン 

場所:1 Cantonment Rd, Pinnacle@Duxton 50/L, Singapore 080001

 

 

最後に

 

昔ここは熱帯雨林だったのかと思わせられる自然を住宅地の中に感じ取ることができ洗練されてゆく雰囲気の中でその昔と今が入り混じった様子の中に時代に取り残された観光地・・・・・

より気取らないシンガポールに目をとめると今までは気づかなかったシンガポールの面白い部分が見えてくるでしょう。

 

 

シンガポール関連情報