1. HOME
  2. シンガポール関連情報
  3. シンガポールと日本の物価を比較

シンガポールと日本の物価を比較

 

シンガポールと日本の物価を比較してみました。

        

シンガポールは物価が物凄く高い国と言われます。実際に住んでみると本当に高いことがわかります。

 

シンガポールドルの貨幣価値もかなり以前と比べ上がってきています。2015531日の時点で、SG$1=93円と今までの貨幣価値の中で一番高いものとなりました。もとからシンガポールドルの商品が高かった中で、この状況では日本からの観光客の多くはお得感がないように感じるかもしれませんが、シンガポールでの方が安く買えるものもあります。

 

これから、日本の物価とを比較しながら、シンガポールの物価についてお話しさせていただきます。

 

 

シンガポールで安く利用できるもの

公共交通機関

MRTと呼ばれる電車やバスは、日本に比べると安く利用できます。シンガポールと言う国は東の端から西の端まで約50km程しかない小国ですが、東端のチャンギ空港から西端のJoo Koonという駅までMRTに乗って約2ドルと格安の金額です。 またMRTとバスは、EZ-LINKカードという日本でいうSUICAのようなカードにお金をチャージして乗るのですが、同じカードで乗れるのでMRTとバスを乗り継ぐと割引料金が適応されたりして更に格安でご利用いただけます。

 

また、タクシーの利用も日本に比べるとかなり安く利用できす。初乗り料金は、4ドルほどですが、小さな国なのでどこに行くにも高くても10-30ドル以内なので、気軽に利用する交通手段のひとつとなります。 後にもお知らせしますが、シンガポールの公共の交通機関が安く利用できるのは、政府が自家用車の利用を規制しているからだそうです。

 

国土の小さな国なので、誰もが車を持ってしまうと渋滞や駐車場問題などが出てくる為、自家用車を所有には高い税金を掛けて、台数をコントロールしているのだとか。それらの車の高い税金を、公共交通機関の運営に役立てているそうです。その仕組みがあるおかげで安い運賃設定ができるという事です。

 

 

 

 

 

ホーカーやフードコートなどのローカルレストランでの食事は格安

 

ファーストフード店での食事は、日本とそんなに値段は変わりませんが、殆どのカフェやレストランでの食事は、なぜこんな高いの?という高価格設定が多々あります。輸入品であることや家賃の高さを考えたら、しょうがないことなのですが、ランチに大戸屋やラーメンなどに30ドルくらい払うのは毎回なんとなく腑に落ちません。

 

そんな中で、ローカルの人々の胃袋を支えるホーカーやフードコートなどでの食事であれば、約5ドルほどで食べれる事ができるのでとても良心的な値段です。安いホーカーであれば、チキンライスが3ドルというところもあります。シンガポール政府の援助があるためにこのような価格も可能となっています。

 

このホーカーやフードコートでは、中華料理だけでなく、マレー料理、インド料理、場所によってはインドネシア料理、タイ料理、日本食、韓国料理、ウェスタン料理もあるので、多国籍国家なだけあり、実は意外と豊富なメニューを楽しめたりもします。

 

 

 

 

 

シンガポールで高いのは

家賃です。

 

世界的に見ても家賃はダントツに高いです。ロケーションや築年数にもよりますが、相場はコンドミニアム1ユニット(1~3ベッドルーム)で、月に3,0005,000ドルくらいではないでしょうか。このような金額では一人暮らしは難しい金額だと思います。駐在員以外の外国人はHDBやコンドミニアムなどでシェアをするのが基本ですが、それでも一部屋の家賃は、800ドル~1500ドルほどです。もしコンドミニアムの1ユニット購入となると1億円はするそうです。

 

 

 

 

 

車所有にかかる金額

 

車の所有はシンガポールでは非常に高いもののひとつです。 シンガポールでは、車の所有は政府によってコントロールされています。車を所有する場合は車両所有権(10年間用)を購入しなくてはなりません。所有権の金額は排気量によって異なるそうですが、排気量が1.6リットル以下の乗用車であっても600万円ほどするようです。

 

更に車は全て輸入品となり、贅沢品にカテゴライズされるため、高い税金が掛かってきます。その為に、トヨタ自動車のカローラが1台が1,000万円以上という金額になってしまいます。

 

 

お酒やたばこなどの嗜好品の金額

 

たばこが一箱12-13ドル。またお酒にも高い税金が掛かっているので、お酒をスーパーなどで購入するのもレストランなどで飲むのもかなり割高感があります。

 

コンビニなどでビール13ドルほど、バーでのカクテル一杯15ドル、レストランでビールのピッチャー130ドルほど。また銘柄にもよりますが、ワイン1本ボトルで入れると100ドルしたり等々。その為かわかりませんが、ローカルの人たちはあまりお酒を飲む人が多くない気がします。

 

 

 

 

最後に

 

国土が狭く、人口密度が高い故の物価の高さだということを、お分りいただけたかと思います。

  

私もシンガポールへ住み始めの頃は、一度に100ドルを支払うことにかなりの抵抗がありましたが、しかし殆どの物の物価が高いシンガポールでは、100ドル、200ドルがぽんぽん飛んでいくのが普通で、日本食屋での飲み会1100ドルほど、ワンピース1130ドル、歯医者一回180200ドル、習い事などのプライベートレッスン1100ドル程。その為に180ドル?分かりましたと平気で支払うことが日常になると、お金の感覚が麻痺しているなーと感じたりします。日本へ一時帰国した際に、日本って安い!と感動したりします。

 

 

シンガポール関連情報