1. HOME
  2. スタイリストから髪のアドバイス
  3. 髪の毛や頭皮も日焼けにご注意!

髪の毛や頭皮も日焼けにご注意!

日頃から太陽から放射される目に見えない紫外線(UV)にご注意を。お肌などの老化を進行させるこの紫外線を遮るために、多くの方が日焼け止め化粧品などを使って顔や首、手足のケアをしていると思いますが。

髪や頭皮の紫外線対策はどのようにしていますか? 日光の日差しを浴びている髪や頭皮も対策が必要ではありませんか、

 

紫外線が1番多く降り注ぐ季節は……

 

1年のうちで、紫外線量が最も多くなるのはいつ頃だと思いますか? 日本では、四季があるので 紫外線=太陽=真夏! 7月、8月とお考えの方が多いのではないでしょうか。確かに1番多いのは真夏ですが、紫外線量が増え始めるのは5月頃かで、そこから9月にかけて、最大で冬の3倍以上にもなる紫外線が降り注ぎます。

 

1日のうちで最も紫外線量が多くなるのは正午頃。この時間帯だけで、1日の紫外線量の大半が放出されるということです。

 

これらのデータは晴れた日のものですが、曇っている日も油断は禁物ですよ! 曇りの日でも目に見えない紫外線はしっかりと降り注いでいるので注意が必要となります。

 

 

目には見えない紫外線が髪や頭皮に与える影響

 

紫外線がお肌に悪影響を及ぼすことは有名です。しかし、髪や頭皮にまでその影響を及ぼすことは意外と知られていないようで。紫外線を長い間、浴びることによって肌の老化などが進むと言われていますが、髪や頭皮にも同じことが起きているのです。

 

紫外線を浴びると、まず髪の毛の表面を覆うキューティクルが損傷を受けます。結果、髪は乾燥しパサつくだけでなく、髪の毛と髪の毛の摩擦で絡まりを引き起こしてしまいます。

また、髪の重要な主成分でもあるたんぱく質が紫外線や熱によって変質してしまい、切れ毛や枝毛といったトラブルにもつながってしまいます。

 

しかし、頭皮への影響は更に深刻です。頭皮に当たった紫外線は、髪を作る毛母細胞にも悪影響を起こさせ、抜け毛や薄毛の原因を引き起こします。

更に、髪の色素を生成する「メラニン細胞」にもダメージを受けるため、若くして白髪交じりになる場合もあると近頃の研究では言われています。

もちろん、頭皮もお肌と同じく日焼けをするのでヒリヒリとした痛みを感じることもあるでしょう。

 

髪には頭皮を保護する役割もありますが、抜け毛や薄毛のせいで頭皮が紫外線に当たることになれば更なるダメージを負うことになりかねません。「悪循環」という事になるわけです。

 

 

毛髪や頭皮の紫外線予防

 

紫外線から頭皮や髪を守るにはどんな対策をすれば良いのでしょうか

 

・帽子をかぶる

通気性のよい蒸れないものがおすすめ。ロングヘアの方はつばの大きい帽子をかぶる事で、紫外線を避けることができます。近頃では折りたたみ式でバッグにしまえる便利なものもあるので是非活用したいところです。

 

・日傘を使う

帽子ですとヘアスタイルのセットが崩れるという方は、紫外線カット効果「UV効果」のある日傘を使うと良いと思います。また日傘の外側も内側も黒を選ぶ事で、太陽からの直射日光、地面からの照り返しの紫外線も吸収し、髪と頭皮を二重に守ります。

 

UVカットスプレーを使用

近頃ではお肌だけでなく、髪や頭皮にも使えるUVケア商品の販売もされています。しかしまだ認知度は低く商品数も少ないものの、毎年品数は増えており、インターネットなどの通販サイトで簡単に購入することができます。ただし、お肌用のUVケア商品同様、寝る前にしっかりシャンプーして薬剤を落とす必要があります。

 

・トリートメントでホームケアを

しっかりとUV対策していても油断せず、トリートメントで優しくケアをしてあげましょう。アートノイズのSHAトリートメントには、世界で初めて毛髪改善成分として認められた「ペリセア」やヒアルロン酸の3倍の保湿力のあるリピチュアなどを限界まで濃度を濃くした成分が利用されています。また使い続けることで毛髪の主成分であるタンパク質を補う「ケラチン」の原液が使われているため、大きなダメージを負った髪にもツヤとハリを与え蘇らせます。

 

 

枝毛や切れ毛、更に抜け毛に白髪、紫外線によるトラブルは枚挙にいとまがありません。上記の対策をしっかりと行い、健康な髪と頭皮を守りましょう。

 

スタイリストから髪のアドバイス