1. HOME
  2. スタイリストから髪のアドバイス
  3. 正しいシャンプーの仕方。トリートメント、リンス、ドライまで

正しいシャンプーの仕方。トリートメント、リンス、ドライまで

正しいシャンプーの仕方。トリートメント、リンス、ドライまで

 

 

 

 

まず最初、髪を軽くブラッシングし髪の絡まりを解いてからシャーワーで髪を濡らしていきます。乾いたうちに髪の絡まりを解かないと解けなくなります。

そして、髪を濡らしていきます。

この時に決して、熱いお湯で勢いのいい水圧は避けるようにしてください。熱いお湯と勢いのある強い水圧は髪にダメージをもたらします。38℃位が丁度いいです。

この時に髪を濡らすだけではなく髪と頭皮についた余分な汚れや皮脂などもなるべく洗いながしてください。

こうする事で、シャンプー剤の泡立ちも少量で良くなり、余分なシャンプー剤を使いすぎる事なく泡立てる事ができます。シャンプー剤にはどんなに良いものでも洗浄成分が入っています。沢山のシャンプー剤を必要以上に髪につける事は洗浄成分が髪に必要な栄養分を洗い出す要因の一つになる恐れがあるのです。

 

 

髪と頭皮はきちんとしたシャンプーの仕方を守ることで健康な状態へのサポートに繋がります。

 

シャンプーをする意味ですが髪に直接シャンプー剤を付け髪を洗うのではなくまず頭皮から出る酸化した皮脂や老廃物を洗い落とすこ事が1番の目的なんです。

そうすることで髪を作る毛根に一番近い頭皮の清潔を保ち頭皮と毛髪の健康状態へのサポートとなります。

根元を泡立てたシャンプー剤を洗い流す時に毛先までシャンプーの泡が行き届くので髪の洗浄はその時に行われます。髪の洗浄はその程度で問題ないのです。あまりシャンプー剤を髪に直接付け過ぎると髪へのダメージに繋がってしまいます。

 

洗うのは地肌、髪の毛はスーッと流す時に泡を通す位が基本です。

 

 

 

ロングヘアーの方にはトリートメント剤で常にコンディションを整えることをお勧めします。

特に傷んでいる可能性の高い毛先から付けましょう、根元の方はあまりつけなくて大丈夫です。

シャンプー剤は頭皮につけます。トリートメント剤は基本髪につけます。Art-NoiseSHAはシャンプーもトリートメントも髪にも頭皮にも良い成分が入っているのでSHAにおいてはシャンプーもトリートメントも髪にも頭皮にもつけてください。

スタイリング剤をつけている人は、シャンプーの仕方を考えてください、

固まった髪を洗う時は、シャンプー前のブラッシングはしない。

シャンプーを泡立てた状態で1分おきます。

 

 

すすぎも強い水圧は避けぬるめのお湯で流しましょう。

髪の毛を濡らすときと同じように優しく、地肌に手を入れながら、マッサージするようにすすいでいきます。頭頂部から勢い良く流さないようにしてください。手を使って、お湯を含ませながら、やさしくシャンプー剤はきれいに落ちているはずです。

濡らして、洗って、すすぎいで、ここまでの時間は8分程度。トリートメントやリンスなどの、髪質や傷みに応じた仕上げに数分程度。合計してだいたい10分から12分でシャンプー終了です。

 

 

 

 

通常のトリートメントの塗布は中間から毛先に傷んだ髪に栄養補給するのがトリートメントです。

 

髪に必要な栄養分がダメージを受けるたびに流出しています。その分を補給するためにトリートメントを行います。カラーリングやパーマなどを行っている方は毎日のトリートメントでの栄養補給をお勧めします。

 

シャンプー、トリートメント後はタオルドライして素早く乾かしましょう。

 

 

リンスをしてキューテイクルを引き締めましょう。

 

リンス剤は髪の毛の化粧水のようなものだと考えてください、顔を洗ったあと化粧水をつけて肌を引き締めるのと同じで、リンス剤は開いたキューティクルを引き締め、髪のペーハーを弱酸性に整えます。リンスはキューテイクルを引き締める効果があるので髪にツヤをもたらし髪の内部のタンパク質の流失を防ぎます。

 

 

 

洗った髪はやさしくソフトにタオルドライ

シャンプー後のタオルドライは決してゴシゴシ擦らずに優しく丁寧にふんわりと包み込むようにタオルに水分を含ませるくらいの気持ちでタオルドライを行ってください。あまり濡れている髪をゴシゴシすることは毎日のシャンプーの中では確実にダメージに繋がってしまいます。

 

 

ドライヤーで頭皮を素早く乾かします。

 

シャンプー後はなるべく素早くドライヤーで根元の方から乾かしてください。シャンプー後は足りなくなった皮脂の分泌が盛んになります。頭皮に必要な皮脂が正常に頭皮を覆えるように早く頭皮の水分をなくしてあげた方がいいのです。

そして、ドライヤーの風を当てる角度は後ろの方から上から当てた方がいいですね。これは髪の毛の毛流に逆らわないようにドライーヤーの風を当てることで、その後のスタイリングが自然でうまくいくのです。半乾き程度でブローローションやアウトバストリートメントなどを付けスタイリングに入っていきます。

あまり乾かし過ぎるとオーバードライというスタイリングしづらい状況になってしまいます。乾かな過ぎてもキューティクルが完全に閉じていないのでタンパク質の流出につながり頭皮にも雑菌などの繁殖につながります。ですから9割程まで乾かすことをお勧めします。

 

スタイリストから髪のアドバイス