1. HOME
  2. スタイリストから髪のアドバイス
  3. ヘアワックスの種類と特徴

ヘアワックスの種類と特徴

ヘアのスタイリングに欠かせないのがヘアワックス。しっかりとセットしたい時やアレンジや遊び心を加えたい時にも使える便利なスタイリング剤ですが、その種類と特徴は様々です。髪質やヘアスタイルに応じて使い分けるのが良いでしょう。

その種類と特徴を説明させていただきます。

 

 

・しっかりとヘアスタイルをキープしたい時には「ジェル状のワックス」を

強いキープ力と艶感が特徴のワックスです。ボリュームを抑えることができるため、毛量が多く広がりやすい髪や、ショートやベリーショートなどのしっかりと固めたい髪型にマッチしています。タオルドライ後のある程度、濡れた髪にでも使うことができるので、ヘアセットの時間が短くなるのは楽ちんです。

 

・毛先に動きをつけるなら「ファイバー系のワックス」

これはファイバー(繊維)が配合されているヘアワックスです。ねじって束感を出したり、毛先に動きを出すようなヘアスタイルに適しています。柔らかく伸びが良くて髪になじみやすく、さらに適度なセット力もあります。ヘアワックスの初心者でも扱いが簡単です。しかし、付けすぎると髪がペッタリと重いイメージになってしまうので、まず少量を使い、少しずつ足しながらスタイリングすることをお勧めします。

 

・ツヤやサラサラ感を演出するには「クリームタイプワックス」

ファイバーワックスとドライワックスの丁度、中間に位置するヘアワックスです。ファイバー系のワックスより重く、ドライワックスより若干軽い質感が特徴です。適度なスタイリング力と艶感を演出しながらサラサラな質感を保つために、使い勝手の良さは1番と言われています。伸びが良いので使い勝手が良く、どのようなヘアースタイルでも使うことができるのです。常時持っていたい1つのワックスとも言えましょう。

 

・セクシーな質感の濡れた感じの艶髪を作るなら「グリースワックス」

濡れたような艶感を演出したい時などに使うヘアワックスです。「ポマード」や「グリース」とも呼ばれます。透明でジェル状のワックスとも似た質感ですが、しっかりと固めるほどのセット力はありません。乾燥した髪をまとめ、束感や遊び心のあるヘアスタイルにセットすることもできます。「グリース」と言うと男性が使うというイメージもあるかもしれませんが、濡れた質感の艶髪は女性にも人気があります。使い方で、女性らしくもマニッシュに仕上げられるスタイリング剤の1つです。

 

・ふんわりとした自然なボリューム感を出したヘアスタイルに適した「ドライワックスです。(マットやクレイ)とも言われます。」

油分が少ないので軽い質感を演出するヘアワックスです。艶感を出さず、ふんわりとした自然なボリューム感を出した髪型にセットしたい時に適したスタイリング剤です。猫っ毛で軟毛な髪でもしっかりまとまり、動きのあるふんわりとしたスタイルを作るのに適していますが、太くて固い剛毛タイプの髪には広がりやすく向いていません。また、伸びが良くないために、慣れていないと使いづらいデメリットもあります。

 

 

髪質やしてみたいヘアスタイルによっても、使うヘアワックスは異なります。「思ったようなヘアスタイルにならない」と思ったら、まずは自分のやってみたいヘアスタイルや髪質などとしっかりと向き合って考えてみましょう。きっと最適なヘアワックスが見つかるでしょう。

 

スタイリストから髪のアドバイス