1. HOME
  2. スタイリストから髪のアドバイス
  3. 正しいドライヤーの使い方ご存知ですか?

正しいドライヤーの使い方ご存知ですか?

シャンプー後、スタイリングに、毎日使うドライヤー。濡れた髪をしっかり乾かすことは髪や頭皮の健康に必要なことですが、使い方を間違うと、ダメージ毛や頭皮を損傷させかねません。ドライヤーの使い方は大丈夫ですか?

 

 

ドライヤーの使い方を間違えると?

 

私どもの髪の毛は表面のキューティクルにより守られています。しかし、キューティクルは熱や摩擦などの刺激にとても弱いものです。ドライヤーの熱に必要以上に当たったり、乾かす時に強くこすったりすると、キューティクルが剥がれ髪に必要な栄養分が髪の外部に流れ出しダメージの原因を作ることもあります。

 

そして頭皮には毛母細胞とういう髪を作る細胞があり、ドライヤーの熱によりダメージを受ける事で抜け毛や薄毛の要因となります。

 

 

ドライヤーを使う際のアドバイス

 

ドライヤーの正しい使い方とは? ドライヤーを使うコツを説明させていただきます。

 

・熱を当てすぎない

私どもの髪は、表面の温度が100℃以上になる事でたんぱく質が変性してダメージを受けてしまいます。ドライヤーの風は、なるべく吹き出し口から離し使用してください。吹き出し口から5㎝ほど離すと温度はおよそ100℃着。これを目安に150℃以上にならないように気をつけて使用してください。

 

・根元に風を当てるように

頭皮がしっかり乾いていないと雑菌が繁殖し、臭いやかゆみの原因を作ります。濡れた髪を乾かす時は、根元に風を入れこみ、頭皮を軽くこするようにしながら温風を送りこみましょう。その時に、頭皮にダメージを与えないように指の腹を使うようにしてください。

また、根元が乾く頃には、毛先の方もほとんど乾いてきます。そして髪全体に風を当て、最後に冷風をあてましょう。冷風には、髪を落ち着かせキューティクルを引き締める役割もあるので、仕上で使うことでダメージケアにも役立ちます。

 

・同じ場所に熱を当て過ぎない

同じ所に熱を当て過ぎて髪の温度が高温になると、キューティクルがダメージを受け、頭皮の毛母細胞が損傷を受る可能性もあります。風の温度が上がり過ぎないよう、ドライヤーを先を振って使いましょう。

 

 

早く髪の毛を乾かしたい時は

 

濡れた髪をドライヤーで乾かすのは時間がかかるものです。ロングヘアや毛の量の多い方はなおさらです。

 

知っておくと便利な「必殺ワザ」があります、 髪の毛をタオルでくるむこと、乾いたフェイスタオルで髪をくるんだ状態で、タオル越しにドライヤーをかけるだけです。

結果、タオルが髪の水分を吸収し、そのタオルをドライヤーが乾かしていくので、タオルはカラカラの乾燥状態をキープ。

乾燥したタオルはさらに髪の水分を吸いこむので、素早く乾くということです。必殺ワザを使う前にきっちりとタオルドライをし、目の荒いブラシやクシでまとめておくと、乾いた時に髪がまとまりやすくなります。

 

 

私どもの髪や頭皮はとてもデリケートでドライヤーの熱によるダメージが、重大なヘアトラブルを引き起こすことも珍しくはないのです。しっかりと正しい使い方を覚えていきましょう。

 

スタイリストから髪のアドバイス