1. HOME
  2. Straight Perm

Straight Perm

ART-NOISE SINGAPORE の縮毛矯正アクアストレートの特徴

湿度の高いシンガポールの気候に合わせ保湿成分をたっぷり含んだ薬剤を用意致しました。
充分保湿し水分を与える事で髪本来の艶と自然なスタイル作りが可能となります。
◎天然の保湿成分で一番と言われるヒアルロン酸の二倍の保湿力を誇るリピジュア配合
◎世界初、約1ヶ月、髪の内部に留まる毛髪改善成分、旭化成開発のペリセア配合
◎天然毛表皮改善成分キトサン配合
 

  
 

■ お客様の髪質にあわせたストレートが思い通りに演出できます!
(しっかりストレート、自然な仕上がりストレートを演出)
■ さらさら、つややかな仕上がり
■ トリートメント効果により、パサつきを抑える
■ 嫌なパーマ臭が気にならない
■ 次回のパーマ、カラー施術にも支障がない


アクアストレートの手順

毛髪診断技法決定前処理
1.毛髪診断
毛髪(軟毛、硬毛、髪の痛み具合、ストレートパーマ及び縮毛矯正歴)の確認をします。
2.プレシャンプー
ウエットの状態においてもくせの状態をチェックします。
3.プレトリートメント
キトサンとイオンの水分補給剤で、しっかりと栄養を補給していきます。
 

1剤処理
4.1剤処理
センターとサイドにブロッキングし、根元1cmを除いてネープから1~2cm位のスライスでたっぷり塗布します。
5.プレシャンプー
(5分~30分、60℃以下)
タイムの目安→髪質・ダメージ度合により放置時間が異なりますので5~30分の間で設定してください。
※薬剤が根元についたり、無理に折れ曲がったりしないように注意し、ラップをして加温。
※髪が多い、また長い場合は中まで熱が均等に伝わるように各ブロックをさらに2~3つに分け、空間を作るようにしてダックカールでまとめます。
※軟化チェック方法は1本の髪を指に絡ませ手を引っ張って確認。
6.プレーンリンス
(5分~30分、60℃以下)
襟足など薬剤が残らないようにしっかりとすすぎます。
 

アイロン処理
7.プレトリートメント
キトサンとイオンの水分補給剤で、しっかりと栄養を補給していきます。
8.ドライ
根元部分はきちんと乾かします。濡れている根元の水分が蒸発して、お客様が熱く感じます。リタッチの場合も根元をきちんと乾かしますが、毛先の乾かし過ぎに注意。
9.アイロン処理
毛髪状態に合わせ、アイロン操作はプレス、スルーの技法を行う。
 

2剤処理
10.2剤処理
4ブロックに分け、3cmくらいのスライスで塗布します。
※1剤は根元につけていませんが、コーミングや放置中についてたりすることを考慮して、断毛を防ぐ目的から根元から十分に塗布
11.コーミングしながら放置
2剤は過酸化水素のため、全頭塗布し終わってから放置時間は2~3分です。
12.プレーンリンス
薬剤をしっかりすすぎます。
13.コンディショナー
アッシドトリートメントで髪のコンディションを整えます。
 

仕上げ
14.スタイリング
お客様のホームケアの提案としてタオルドライした髪にヘアパックと塗布しラフドライでスタイリングします。
※ヘアパックは1度にたくさんつけず、5~10プッシュ程分けて塗布。
※さらにタオルドライ後にヘアパックを軽く再塗布し、つやを与える。

 

前髪の縮毛矯正  

 

アクアストレートって何? 

 

縮毛矯正をかける時の注意 

 

縮毛矯正後の髪のお手入れ法

 

縮毛矯正のよくある質問Q&A