1. HOME
  2. Digital perm

Digital perm

デジタルパーマって何?

「パーマで巻き髪が!」「もちがいい」「ダメージが少ない」など、3Dカールの通称で
人気急上昇中なのが、新パーマ『デジタルパーマ』。
 

実際このパーマをかけると、手ぐしだけで簡単に、しなやかに揺れる巻き髪カールや、
つややかウェーブができると大評判。
カールの大きな立体感としなやかな 質感が表現出来、巻き髪スタイルも
くせ毛風のニュアンスカラーも幅広く対応出来ます。
髪を巻いたロッドにコードをつけて加温するのが、他とは違うデジタルパーマの
最大の特徴になります。

 


時間がかかるの?
これまでの通常のパーマよりもプラス10~20分程度でOK。
プロセスは若干多いけれど、ロッド数が少なくてすむので、意外とらくちん。
 

とれやすくない?
実際にデジタルパーマをかけた場合のデータでは通常のパーマよりも1.5倍から2倍、もちがアップ。
あきらかにカールが長持ち!
 

傷まない?
同じくデータ上ではダメージは通常パーマの約3分の1。
トリートメントも一緒に行うので手触り、しなやか度はアップ。
 

巻き髪みたいになる?
なります。乾かすとウェーブが弱くなる今までのパーマと違い指に巻きつけて乾かすだけでカールが
思いのままに。スタイリングも簡単!
 

どんな長さ、髪質でも平気?
ロッドに1.5回転巻ける長さがあれば大丈夫。髪質も選びません。
パーマがかかりにくい髪でも思いどおりの仕上がりが楽しめます。


デジタルパーマの特徴
優れた再現性 スタイリングフリー
ウエーブギャップが少ない
デジタルパーマは、ウェット時とドライ時もカールの差が 少ないためウエーブギャップに悩まされることがありません。
 

サロンスタイルを手ぐしで再現。アレンジもそのまま。
デジタルパーマは、ウェット時とドライ時もカールの差が 少ないためウエーブギャップに悩まされることがありません。
 

持続する弾力ウエーブ
チオ系コールドパーマVSデジタルパーマ
ハーフヘッドテストを行った結果、3ヶ月で違いは歴然。 デジタルパーマがより長持ちすることがわかります
 

しなやか、軽やか、新感触
髪イキイキ、髪よろこぶ、ダメージレベルがぐっと低く。
コー ルドパーマ一回処理と、デジタルパーマ3回処理のダメージレベルはほぼ同じ。なぜなら、従来のパーマとは違い
クリーム状の薬剤を使用 し、ダメージレベルに合わせ量などが調整できるため、ごわごわ感も少なくカラーしている
髪もいたわりながらウエーブが実現できます。

デジタルパーマに合うヘアスタイル